So-net無料ブログ作成
検索選択
スキーツアー ブログトップ

2015 スキーツアー 説明会 [スキーツアー]

スキーイラスト.jpg

 2014年12月7日(日) 10:00~ 教会ホール に於いて

「2015 ビーバー隊・横浜山手スカウトクラブスキーツアー」の説明会を行います。

しおり の一部を御紹介。


目的:教会、団、隊、スカウトクラブのメンバーが
   奥日光の自然の中で、
スキー旅行を通して親睦を図る。 

主催:横浜第34団 ビーバー隊
横浜山手スカウトクラブ

日程:2015年1月10日(土) ~ 12日(月・祝) 

場所:日光湯元温泉スキー場  (栃木県日光市)

宿泊:奥日光湯元温泉 おおるり山荘
〒321-1662栃木県日光市湯元2519
でんわ 0288-62-2700

交通:往復貸し切りバス こまどり交通

費用:一人 30,000円 大人・子供同一料金
往復交通費、宿泊費、食事代、貸しスキー
リフト代、スキースクール代金、保険掛金。
余剰金が出た場合、解散時に返金精算をします。

保険:参加者全員、旅行中は、レジャー保険に加入します。


 横浜第34団ビーバー隊 ・ 横浜山手スカウトクラブ
ウェブサイト  http://www.bsy34.com/scoutclub/index.html
ブログ      http://bsy34.blog.so-net.ne.jp/


 今回も楽しい旅行にしましょう ! 

前回(今年2014年1月) の様子は、当ブログ内記事をご覧ください。

2014 スキーツアー 

↑ をクリックすると 見ることが出来ます。 (長いですよ ^^;)


まだ、若干名ほど 追加参加が可能です。 

参加を希望される方、詳細やご質問は、下記 横浜山手スカウトクラブスタッフまで、ご連絡下さい。 

連絡先 : スカウトクラブ事務局  村井、 関、 青木、 長谷川、 幡野 
 
nice!(0)  コメント(0) 

ビーバー隊・スカウトクラブ合同 スキーツアー2014  [スキーツアー]

日時 : 2014年1月11日(土)  ~ 1月13日(月・祝) 

場所 : 栃木県日光市  日光湯元温泉スキー

参加 : 29名

目的 : 教会、団委員、スカウト各隊、ガールスカウト、
     横浜山手スカウトクラブ、各ご家族の混成メンバーが一緒に
     奥日光の自然の中で、スキーを通して親睦を図る。

     参加年齢 2さい ~ 75歳 の非常に幅広い年齢層が
     カトリックスカウト活動を軸にした冒険旅行を体験しながら
     仲良くなる。
 

行程 : 11日(土)
     教会に集合、点呼後、直ちにバスに乗車し、出発。
     車中、歌の時間。
     宿に到着。温泉源泉の見学を目的とした、雪中行軍。
     温泉入浴、夕食。 
     夜の集い、ひとりひとり、自己紹介、夕べの祈りと歌。
      

     12日(日)
     朝の祈り、朝食後、徒歩でスキー場へ、
     準備運動、スキーセットレンタル、スキースクール入校。
     大人は、ちょっぴり自由滑走。
     お天気が良いので、屋外でおにぎり弁当、宝探し!
     レベルに合わせ班ごとに分かれ、自由滑走。
     滑らない人たちは、宿へ先に、引き上げる。
     スキー終了後、湖畔ハイキングに向かうが、
     風雪が強まり、断念。
     温泉入浴、夕食。
     夜の集い、夕べの祈りと歌。


     13日(月)
     朝の祈り、朝食後、チェックアウト。
     湖畔まで、雪中ハイキング。午前中に、バスに乗り宿出発。
     ドライブインで昼食。 教会に無事に到着。
     神父様に出迎えて頂き、お話とお祈り。
     マリア様に、ただいま の報告。
     神様に無事を感謝して解散。

写真の紹介

一日目
スキー01.jpg
この冬一番の寒気の到来。 横浜も朝は氷点下で、寒い。
ぜんぜん寒くない元気な子供たちと、寒がる大人を乗せて、バスは一路日光へ
見事に晴れ渡り、空気の澄んだ東京の空、富士山とスカイツリー二つの日本一が、
微笑んで居るかの様に見送ってくれました。幸先の良い旅の始まりです。

先ずは、朝の腹ごしらえ!
H隊長が、見送りの時に運んで下さった、サンドウィッチを食べましょう。
飲み物は、各自持参の水筒を出してぇ~!


スキー02.jpg
東北自動車道羽生パーキングエリア、トイレ休憩の一時も、元気に走り廻ります。 

車内歌の時間.jpg
もうすぐ、「日光いろは坂」カーブが続くので、車酔いしないように、
大きな声で、みんなで歌を歌いましょう。 Sリーダーの優しい配慮です。

余談ですが、筆者がカブの少年時代、キャンプへ行く時バスで酔いました。
優しいお兄さんに、「窓際の席で、遠くの景色をみてごらん」と言われ、気分が治りました。
その時のお兄さんが、今は白髪頭に成ってしまった、Sさんです。 今も変わらず、優しいね。

歌集.jpg
全48ページ、出発前にSさんが、貴重な睡眠時間を割いて、すべての人数分を作ってくれました。
スカウトの歌、教会の歌、盛り沢山です。 
横浜へ、帰る迄に載っている全部の歌を、歌おう!! (運転手さんの邪魔に成らないように ^^)

源泉探索.jpg
お昼前に、宿に到着。 お弁当屋のスカウトの先輩が、見送りに来てくれた時に、運んで下さった、
美味しい、弁当で昼食。

「この付近の温泉の源泉を見に行こう!」 2さい~70代まで、寒い雪の中を雪中行軍しました。
流石スカウト、全員寒さや降雪にも負けずに、進みます。

ここから、温泉が湧いて居て、宿のお風呂へつながっているんだね。
雪の積もって居ない小さな川には、温泉のお湯が流れているんだ、
長靴で入ると、あったかいね ♪  大人は、足湯の感覚で、冷えた足先を暖めました。

雪中行軍.jpg
長い道のりは、まだまだ続きます。
もう少し行くと、温泉のお寺が有るよ。 鐘は、やたらに叩いては、いけません。
(叩いたのは、だーれ?)  それは、きっと昔のいたずら坊主でしょう。 (笑)

雪遊び.jpg
お寺の境内には、丁度良い雪山が有る。 あの山に登れ!
撮影をしていると、雪の玉が飛んできました。 
いつの間にか、雪合戦の標的に成ってしまった、筆者や大人達。
こらぁ~! 靴の中に、雪が入っちゃったぢゃないの。(あー冷たい) (笑)

自分の形を作ろう.jpg
雪が降ったばかりの新雪に、大の字に成って倒れると、自分の形が出来るよ。
先ずは、一番身体の大きな、リーダーがやってみます。 次々に子供たちも・・・
一番楽しんでいたのは、Yリーダーかも・・・ (笑)

室内ゲーム.jpg
雪中行軍の最後は、湖畔までの探検ハイク。 の予定でしたが、風雪が強まり、断念しました。
早めに温泉に入り、各室内で過ごします。 この部屋では、なにやらゲームをしています。
湯上りで暖かいお部屋にいると、ぽっかぽか♪ 足の裏まで、真っ赤だね。 ^^v

夕食前のお祈り.jpg
腹ペコだぁ!! ・・・と、その前に、テーブルごとに食前のお祈りをしましょう。 
さぁ、いったっだっきま~す!
ドリンクバーのジュースは、食事を全部食べ終えてから、良く噛んでゆっくり召し上がれ。 (*^_^*)

夜の集い 自己紹介.jpg
ごはんの後は、夜の集いの始まりです。 初めて会う人も多いので、改めてひとりひとり
自己紹介しましょう。 2さいのぼうやも、良く出来ました。 (ナデナデ)

夜の集い 夕べの祈り.jpg
夕べの祈り。 種類ごとにプリントが、配られ歌集も用意し、お祈りの始まりです。
先唱と朗読は、みんなで交代しながら、述べます。 
小さな子も大人も みなさん上手です。(天晴!)

明日は、いよいよスキーだ! 疲れているし、早く寝ましょう。 おやすみなさい。


二日目

スキー08.jpg
宿の夜明け、もうすぐ朝日が窓から差し込んで来ます。 雲も少なく、お天気も良さそう!

スキー09.jpg
身支度をして、廊下の窓からスキー場方面を見てみると、 ぉお! 快晴 雲一つない。
風も弱め、寒いのは当たり前だけど、絶好のスキー日和! 私たちは、なんて幸運なのでしょう。
朝の祈りとアリア様のおかげ ?

準備体操.jpg
スキー場までは、みんなで徒歩の移動です。 
昨日の雪中行軍を思えば、楽な移動であっという間に到着。
道具のレンタル、スクール申込み、リフト券の購入をしている間に、準備体操をして、待っててね。

スキー学校.jpg
スキースクールに入校しました。 先ずは、靴の履き方から習います。 

スキー学校2 .jpg
次は、スキー板とストックを身に着け、訓練開始! しっかり覚えてね。

スキー場上部.jpg
子供たちが学んでいる間に、大人はちょっぴり自由滑走。 ゲレンデ最上部へ行ってみました。
この「日光湯元温泉スキー場」は、リフトを縦2本乗り継ぐと頂上という、割とコンパクトな設計。
斜面も中・初級向けで、なだらかなので滑りやすく、今回のツアーメンバーには、最適です。

雪の上でおにぎり.jpg
あっという間に、お昼の時間に成りました。
宿の優しいおばちゃんたちが、心を込めて握ってくれた美味しいおにぎりです。飲み物は、水筒。
この時間もお天気も良く、風も無く日向はあたたか ♪ 
綺麗な空気の屋外で食べるおにぎりは、絶品!
食堂のラーメンやカツカレーなどは、美味しいけれど足元にも及びませんね。 
晴れた雪の上での食事体験は、何よりものご馳走です。 おいしかったぁ!! 

宝探し.jpg
昼食後は、宝探し! だいたいこの辺に、チョコパイが雪に埋まって居るよ、さがしてごらん。
一番小さい子から、おかあさんといっしょにスタート。
「我が子のオヤツをゲットしなくっちゃ!」 おかあさん方かなり真剣です。(笑) 母は強し!(大笑) 

なかよしガールズ.jpg
午後は、レベルに合わせた班ごとに、自由滑走タイムです。
M教会委員とスカウトクラブの筆者は、女の子チームと一緒に滑りました。
今回初めてスキーをする子も、経験のある子も、みんな上手に滑ることが出来ました。

一時的に、約一名置き去り状態にしてしまい、泣かれてしまいました。
「もー、女の子を泣かすなんて、さいてー!!(怒)」 女子たちに総攻撃を受けました。 怖い。。。
ごめんね。 どうか許してね。
「のども乾いたし、みんなでジュースでも飲もうか。。。」 (ごまスリスリの筆者 )
どうにか、許してもらえたようです。

さあ、宿に帰って、 あたたかい温泉と美味しい夕食が待っている。 

夜の集い、夕べの祈りが終わったら・・・・ 今夜も疲れた、おやすみなさい。 

会計担当大臣.jpg
会計の見直しに余念の無い、スタッフの真剣な眼差し。
レンタル、リフト、学校の支払いや、領収証・おつりのチェック。明日は大きな宿の支払いも有る。
食休みもそこそこに、間違いや現金の不足が無い様に、しっかり確認。 流石 HSGWさん。 

カメラマン.jpg
いつも、みんなを撮影してくれていた、Uお父さんカメラマン。 自分が写る機会が少ないので一枚。
今回、初めてお会いしたのですが、どうもシャイな人の様なので、カメラを構えている姿にしました。
素敵な作品を、我々にもご披露下さいね。

夜の集い 大人編.jpg
今宵は、特別に 「夜の集い・大人編」
既に、お顔の赤い方もいらっしゃいますが、きっと雪焼けと温泉のせいでしょう。(なんてね )

少しだけ、楽しい時間を過ごしました。 気恥ずかしいので、写真は小さ目にしました。(てへへ)

三日目
雪の湖畔をお散歩.jpg
スカウトの年齢の子供たちは、昨日断念した。湯の湖湖畔の雪中ハイクに出かけました。
幻想的な、雪の湖を目の当たりにして、もう一つ良い思い出が出来ましたね。
バスも到着、宿の皆さんにお礼の挨拶をし、帰路に着きます。

bds.jpg
途中寄った、ドライブインでは、予約しておいたメニューも直ぐにテーブルに届けられ、お祈りの後、
テーブルごとに、いただきます。
子供たちのリクエストに、「もりそば」が多く、「意外と渋い好みだなぁ」と筆者は、驚きました。

子供の中に、この日が誕生日という、ラッキーな子が一人、
団委員長とリーダーから、ケーキの替わりの、名物金箔カステラが贈られました。 
みんなで、歌と拍手で祝福。 「ハッピ バースデー トゥーユー ♪」

感謝のお祈りと神父様のお話.jpg
高速道路を走り出せば、横浜まではあっという間、事故や渋滞も無く無事に教会に到着。
神父様に出迎えて頂き、お祈りとお話
「足や手を骨折した人は、居ないか?」 とのご質問に、 「いませーん」
「スキーは、上達できたか?」                 「はーい!」
「スキーが上達するのは、何のため?」この質問には、 一同 「・・・・・・・?」
難しい問い掛けに、大人たちも答えられず、 今回も宿題とさせて頂く事に成りました。

マリア様に、ただいま の報告。
神様に無事を感謝して解散。

「家に帰るまでが、スキーツアーだ!」 故・村瀬団委員長の言葉を思い出し、
誰かが、必ずと言っていいほど、言い出します。 良き伝統は、いつまでも。   

集合600.jpg

事故や怪我、その他の災難も無く、お天気にも恵まれ、全員参加のプログラムも楽しんで、
2さい ~ 75歳 まで、仲良くなれました。

子供たちは、3日間で、素晴らしく成長し、大人達は、温泉に浸かり、幾つか若返り、
出発前の年齢差も、かなり縮まった。そんな気がします。

参加された皆さん、体調やお仕事の都合で、参加出来なかったけれど、
日々祈り、私たちを見守って下さって居る、飯野神父
メールや電話でエールを送って下さった、香川スカウトクラブ会長、
送迎やお弁当の運搬を買って出て下さった、春原ビーバー隊長
その他、このツアーにご協力頂いた、皆様に感謝いたします。 ありがとう!

参加者名 (順不同)

山門純也 水上健次 関利定 青木和 青木鳴 青木結 青木淳 今田伸一 置田光男 

岡田利政 湯川光 後藤大和 後藤百合香 後藤詩都香 長島凛 長島楽 村井瑞希 

村井琉希 金利優 川合悠太 小川將真 長谷川純 村井節子 上田健人 上田友紀 

上田蓮音 上田真介 井之上和世 幡野協吉  以上 29名   おつかれさまでした。 


nice!(0)  コメント(2) 
スキーツアー ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。